それでは、スロットゲームで遊びながら稼ぐために準備するものを書いていきますね。

 

あ、パソコンなくても大丈夫ですので、ご安心ください

 

①メールアドレス → ワンタイムメールがおススメ

②VPN →  セカイVPN が安い

③Googleスプレッドシート

 

この3つです。

 

では、それぞれ説明していきますね。

 

①メールアドレス

これは、オンラインスロットサイトに登録するためのアドレスです。

ご自身でお持ちのメルアドでも構いませんが、たいていの方は1つか2つくらいしかお持ちでないでしょうし、しかも、これ登録すると毎日のようにお知らせメールが届くので、捨てアドを使うことを強くお勧めします。

 

ワンタイムメールで作成するアドレスは、ちゃんとオンラインスロットサイトに登録することができるのを確認しています。

 

ワンタイムメールは→こちら

 

②VPN

VPNというものは、自分の通信ネットワークのIP(ネット上の住所のようなもの)を、別のIPに変更して通信します。

どういうことかと言いますと、オンラインスロットサイトに登録するときに、向こうはメールアドレスとIPを見ています。

大阪市北区の000.000.000.000というIPの、*****@*******というメールアドレスが登録してきたということが相手にはわかっているわけです。

 

つくるアカウントがたった一つなら、そのままで構わないのですが、前回の記事に書いたようにスロットで勝つためのコツを掴むまでは、たくさんの練習が必要になります。

つまり、何度もオンラインスロットサイトに登録をして、無料ポイントと無料チケットをもらって稼ぐための練習をするわけです。

 

ということは、同じIPと同じアドレスではダメだし、アドレスだけ変えて登録してもIPが同じなので、無料ポイントが発行されません(もちろん無料チケットもです)。

 

これでは練習することができませんので、IPを変えるためにVPNが必要となるんですね。

私が使っているのはセカイVPN という有料サービスです。

有料といっても月1100円程度なので、格安です。



 

他に無料のVPNサービスはありますが、それを通してオンラインスロットサイトできちんと遊べるかは私は試していません。

スマホなら、VPNアプリ(無料も有料も)がありますので、試してみてください。

 

セカイVPN登録は→ セカイVPN

セカイVPNの iPhone の設定の仕方→こちら

セカイVPNの android の設定の仕方→こちら

 

 

③Googleスプレッドシート

スプレッドシートというのは、Google版エクセルのようなものです。エクセルを持っている方はエクセルでもかまいません。

これはIPとアドレスなどを記録するのに使います。

皆さんがすぐ使えるようにひな形を用意しました。以下のリンクを開き、コピーしてご自分のスプレッドシートとしてお使いください。

スマホの方は、Googleスプレッドシートのアプリを入れておくと便利ですよ。

記録シート

 

同じもので登録してしまわないように、オンラインスロットサイトに登録したときの、IPやメールアドレスなどの情報を残しておきます。

新しくアカウントを作る際には、同じIPやアドレスが【必ず】被らないようにここでチェックしてから作成してくださいね。

 

ちなみに、性別・生年月日・地域については、練習の間は架空のものでOKです。

本番の稼ぐためにゲームをするときだけ、ご自身の正しい情報を入力してください。

ここが本人確認資料と一致しなかったら景品と交換できませんので、ご注意くださいね。

 

 

それでは、この3つが準備できましたら、次はいよいよオンラインスロットサイトの登録に入っていきます。

稼ぎ始める第1歩ですからね!はりきっていきましょう★

実践編へすすむ